肌の日焼けが脱毛サロンでNGな理由

hiyakedame

脱毛サロンを利用する際には費用やアクセスの利便性、痛みや施術の回数など注意しておかなくてはいけないポイントがいくつかあります。

 

そしてその中には意外な注意点も存在していて、それは肌が日に焼けてしまう事です。
基本的に日焼けと言えば主に夏場の問題になりますが、実は紫外線は一年中降り注いでいますので季節に関わらず日焼けをする可能性はあります。

 

また、日焼けした肌だと脱毛サロンやどれだけ日焼けしているかにもよりますが、場合によっては施術が受けられなくなってしまう可能性が高いです。

 

そもそも一般的なレーザー脱毛の仕組みは特殊なレーザーを肌に照射して、毛根にダメージを与える事でムダ毛の処理をしていますが、この特殊なレーザーの特徴は黒に反応すると言うものになります。

 

なので肌が黒く日焼けしていた場合にはそちらにも反応してしまう事が多く、出力を上げるなどの対策を取らない限り脱毛効果が下がってしまいます。

 

なお、脱毛の痛みと言う物は施術に使用した機械の出力がポイントです。機械の出力が低ければその分毛根へのダメージになりにくく痛みも少ないですが、出力が高くなればなるほどダメージ量も高くなりそれに正比例して痛みも感じやすくなります。

 

したがって、単に出力を上げれば良いと言う物ではありませんし、なにより脱毛サロンでは低出力の機械しかしようできませんので、これが上記のような肌が日焼けしてしまうと施術ができなくなる理由となります。

 

さらに、簡単に言えば日焼けとは非常に軽度の火傷をしている状態になっていますので、通常では考えられないような思わぬ反応が出てしまう可能性があります。

 

例えば、日焼けした肌にレーザーを照射する事で起こりうる問題として、最初に挙げられるのは火傷の症状の悪化です。

 

どれだけ軽度だと言っても火傷している事には変わりがありませんので、そこにレーザーを照射する事は更なるダメージを肌に与える事となり、その事が火傷の症状を悪化させてしまう可能性は低くはありません。

 

また症状が劇的に悪化しなかったとしても、小さな水ぶくれができたり肌がカサカサになってしまうなど様々な問題の原因が潜んでいます。

 

日焼けは施術の痛みを感じやすい

 

次に、日焼けした肌が火傷をしていると言う状態であることから、痛みも通常より感じやすくなるとされています。
これは乾燥肌をイメージすると分かりやすいのですが、肌の水分量があまりにも少なすぎると小さな刺激でも強い痛みとして感じられてしまう事があります。

 

日焼けした肌も乾燥肌と同じように肌の水分量が著しく低下している状態になっていますので、レーザー照射の刺激も強い痛みになりやすく場合によってはそこで施術の中断を余儀なくされる事態にもなりかねません。

 

なので脱毛サロンを利用する際には日焼けしない方が良いとされていて、サロンの中にはカウンセリングの際にその点に触れる場所も多くはなってきていますが、上記の様に主に夏場の問題だと考える方もいらっしゃいますので、この日焼けと言う物は意外な注意点になるとされています。

 

なお、効果的な紫外線対策と言えば日焼け止めをしっかりと塗る事になりますが、それだけでは不十分なケースも多々見られ、特に夏の終わりから秋口にかけては日焼け止めを塗っていたのに日焼けしてしまい施術が受けられなかったというトラブルも報告されています。

 

これは、まだ日差しが強くなる事がある時期にサングラスなどをしなかった事で目から紫外線が入ってしまったというのが日焼けの原因です。

 

したがって、季節を問わずにサングラスを使って目を守る事が大切になりますし、それが難しいようならUVカットの加工がされたメガネなどを利用する事が脱毛サロン利用時の思わぬ注意点を回避するポイントとなっています。